記録式ダイエットを始めると決めたときに、すぐに購入を検討したのが、スマートウォッチです。自分の活動量、消費カロリーを知ることができて、なおかつ自動的にスマートフォンに記録してくれるわけですから、これは便利。むしろ現代において記録式ダイエットをしようとするなら、不可欠なツールではないかと思います。

食事管理アプリ「あすけん」についての記事はこちら

ただ、こういう新手の商品は、初期は完成度が粗かったりするものですし、中国製が多かったりしますから、いきなりの購入はちょっと躊躇してしまいますよね。

アマゾンを見ると、3000円台ぐらいから並んでいます。そんなに安いと、逆に大丈夫か?とも思いましたが、試しにどれか使ってみるぐらいのダメ元感とともに、軽い気持ちでまずは購入してみました。僕が買ったのはこれです。

iWOWNfit

スマートウォッチiWOWNfit


iWOWNfitというシリーズで、5000円ぐらいで販売されています。生活防水で、充電はマグネット式。コネクターの穴などはありません。操作は画面タッチで行います。生活防水ではありますが、シャワーの時にどうやら水が染み込むことがあるらしく、動いてはいるものの画面操作ができなくなることもありますが、乾くとまた動かせるようになるみたい。半年経った今、なんとか持ちこたえています。また日光の下では表示は薄くて見えないですね。

で、これで何ができるかというと、まず時計。時計は文字盤のデザインが何種類かから選べるようになっています。それにメールなどのスマホ着信、スケジュールのお知らせをバイブで知らせてくれます。メールは文章まで表示されます。ただし、そこは日本製ではないので、残念ながらたまにちゃんとした日本の漢字になっていないことがあります。まぁ、雰囲気ではわかります。

iWOWNfitに表示されるメール

iWOWNfitに表示されるメール

これなんか、奈良県が奈良工になってますね・・それに歩数計、距離、消費カロリー、心拍数、またその時々のトレーニングを計測する機能もあります。本体で見られるのはそんなところ。

そしてこのスマートウォッチからBluetoothでiphoneの専用アプリにデータが転送されまして、心拍数のデータも一覧表になりますし、睡眠を自動で検知して、睡眠時間と浅い眠り深い眠りの時間帯までしっかり表示してくれます。少し前まではこの睡眠自動検知の精度が悪かったのですが、どうやらアップデートで改善されたらしく、ここ2カ月ぐらいは確実に検知できています。眠りに落ちた時間がとても正確なのには驚かされます。

 

iWOWNfitアプリ画面

iWOWNfitアプリ画面

 

iWOWNfitアプリ画面・睡眠

iWOWNfitアプリ画面・睡眠

そして、自分の目標を設定して、次に進むと、このように1週間で0.4キロのペースで減量すべきで、そのための運動はウォーキングだけだとどのぐらいで、何日かかるというようなアドバイスが表示されます。

iWOWNfitアプリ画面・目標設定

iWOWNfitアプリ画面・目標設定

iWOWNfitアプリ画面・目標アドバイス

iWOWNfitアプリ画面・目標アドバイス

またiphoneのヘルスケアとも連携できますから、このスマートウォッチで計測したデータがヘルスケアのアプリのほうにも反映されます。安静時の基礎代謝量と活動による消費カロリーがわかりますから、僕の場合なら一日あたりの摂取量を2000キロカロリーに抑えれば自然に痩せる、ということが理解できます。

スマートウォッチを付けていて感じる一番のメリットは、目標を実現するための今現在の活動量が多いのか少なかったのかが、一目瞭然になること。そしてそれがわかると、ちょっとでも今日の目標を上回ってやろうと自然とがんばってしまうようになることです。速足で歩いたり、階段を上ったり、わざわざ離れたところのカフェまで歩くようになったりします。そういう効果は確実に表れていますね・・

くまちゃんアナウンサー公式サイト