確実に減量し続ける方法

毎月、2キロを上回るペースで確実に減量しつづけている、僕のダイエット。既に半年が経過しました。すぐに痩せたい人にとっては物足りない数字かもしれないけど、このペースで10カ月続けたら、マイナス20キロですからね!(そんなに痩せる余地があるっていうのが、そもそも大問題だった・・)(;^_^A

しかも、普通、ダイエットというとちょっとサボったりする時期があったり、リバウンドが心配だったりするけど、この方法なら、そんなことは一切なし。だって、前回の記事に書いた通り、消費カロリーを上回らないように、摂取カロリーを抑えるだけなんだから!!

よく我慢できますね?って言われることもありますけど、我慢できることと我慢できないこと、人それぞれありますよね。僕もそのへんは、絶対譲れないところは維持しつつ、食べなくても苦にならないものを食べないようにしているんです。

 

譲れないことは、やめないで、それを前提にする

まず、絶対に譲れないことは、酒!!やっぱり晩酌は欠かせないので、それは無理にやめないことを前提にしました。これは酒飲みの言い分かもしれませんけど、そもそも和食って、酒と共に供されるように考えられていたりするほどなんですよね。酒を飲みながら季節の食材を味わうのは、日本の文化そのもの。その楽しみを失ったら、自分の根幹が揺らぐような喪失だと思うんですよね・・(大げさです)

もうひとつ前提にしたのは、人と食事をするときはダイエットのことを口にせず、豪快に食べること。そういうキャラじゃないですからね。これは変な思い込みかもしれませんけど、そういうところに男のプライドがあるのです。男子たるもの、チマチマ食べるべからず!っていう。ですから、美味しそうに食べること、たくさん食べること、ご飯はおかわり。これは人と一緒に食事をするときの、譲れないマイルールにしています。



 

自分の食事のカロリーを知る

そのうえで、摂取カロリーを抑える。そのためにはまず、食事のカロリーを知ることが必要になります。一昔前なら、いちいち書籍などの資料を調べたり、インターネットが普及してからは検索したりする必要がありましたが、今はアプリに入力するだけ。僕の記録式ダイエットが成功している一番の理由は、これに尽きます。

僕が利用しているのは「あすけん」という無料アプリです。例えばこれ、昨日の夜に作った料理・・

ゴーヤチャンプルーです。こんなふうに料理に使った食材ひとつひとつの分量を入力することもできますし、

ゴーヤと入力するだけで、こんなふうにずらずらっと料理名とカロリーが表示されます。比べてみると、一般的なゴーヤチャンプルーより、僕が作ったもののほうが、高カロリーですね。でも僕の場合、一日にだいたい2000キロカロリー摂取しても大丈夫ですから、ほとんど野菜だらけのゴーヤチャンプルー、325キロカロリーなんて、超ヘルシーな部類ですよね。

自分が食べるもののカロリーを知る方法は、だいたいこんな感じです。こうすることで、食べていいもの、ダメなもの、そしてその食べ方が掴めてくるわけですが、その話はまた後日。ちなみに「あすけん」でアフィリとかしてないです(*^^*)